長 新太@【絵本・情報館!】



長 新太の概要●

長 新太(ちょう しんた、1927年9月24日 - 2005年6月25日)は日本を代表する絵本作家の一人。ナンセンスの神様との異名も持つ。

本名は鈴木しゅう治。「しゅう」は「揫」で、下の部首が手で上が秋という字(常用漢字外)。
ペンネームは1949年のデビュー当時に毎日新聞社の編集側が命名したもので、その由来は、コンクール作品の題名「ロングスカート」より「長」、新人の「新」、太く伸びてほしいとの願いを込めて「太」。

その作風を簡潔に記述することは困難だが、奇想天外、予測不可能、独特のユーモア、脈絡の無い展開、不条理、等の形容がなされることが多い。
長 新太のエッセイによると、常識に囚われた大人″には眉をひそめられたり、時には苦情の手紙すらくることもあるとのことだが、子供からは絶大な人気を得ている。
大人のなかにも熱狂的なファンが多数いる。児童文学作品の挿絵でも評価が高い。


長 新太の略歴●

1927年 - 東京都に生まれる。都立蒲田工業高校卒。
1948年 - 毎日新聞の漫画コンクールに応募作品「ロングスカート」が入選、これを機に毎日新聞東京本社に入社。
1955年 - 同社を退社し、本格的に作家活動を始める。絵本の他にイラストレーションエッセイなどの分野でも活動した。
2005年6月25日 - 中咽頭ガンのため東京都内の病院で死去。享年77。


長 新太の受賞作●

1959年『おしゃべりなたまごやき』(文・寺村輝夫)文藝春秋漫画賞
1974年 国際アンデルセン賞国内賞
1977年『はるですよふくろうおばさん』講談社出版文化賞
1980年『キャベツくん』絵本にっぽん賞大賞
1984年『ぞうのたまごのたまごやき』小学館絵画賞
1990年『トリとボク』『ヘンテコどうぶつ日記』路傍の石幼少年文学賞
1999年『ゴムあたまポンたろう』日本絵本賞 など多数。

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif
楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。