ハンス・アウグスト・レイ【絵本・情報館!】



ハンス・アウグスト・レイの概要●

ハンス・アウグスト・レイ(Hans Augusto Rey,1898年9月16日 - 1977年8月26日)は、ドイツのハンブルグ生まれの絵本作家である。



ハンス・アウグスト・レイの経歴●

同じくハンブルグで生まれたマーガレット・レイ(Margret Rey)(1906〜1996)とブラジルで結婚した後、4年間のフランスのパリ滞在を経て、1940年にアメリカに移住。

マーガレットは、ドイツで正規の美術教育を受けたが、のちに絵をかくことから、文章を書くことに転じた。
彼らの代表作として「ひとまねこざる」などがある。



ハンス・アウグスト・レイのエピソード●

ハンス・アウグスト・レイは、幼い頃から大の動物好きで、いつも犬を飼っていた。

新しい町に行くと、真っ先に動物園に行ったというエピソードが残っている。
彼の作った絵本は、みな動物が主人公だった。

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif
楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。