いわさき ちひろ@【絵本・情報館!】



●概要●

いわさき ちひろ(本名: 松本知弘、旧姓: 岩崎、1918年12月15日 - 1974年8月8日)は、日本の絵本作家、挿絵画家である。
夫は衆議院議員であった松本善明。

水彩画に水墨画の特色を生かした独特の叙情あふれる画風で幼い子供や自然を描き、晩年は文章も手がけた。
その絵は、絵本や画集にとどまらず、絵葉書、便箋、カレンダー、ジグソーパズルなど色々な物に用いられ、今も人々に愛されつづけている。

一方、1946年27歳の時に日本共産党に入党し、社会問題・平和にも鋭い視線を向けていた。
1967年には、『わたしがちいさかったときに』で広島で被爆した子どもたちの手記を、死の前年には、ベトナム戦争の中での子どもたちの姿を描いた絵本『戦火のなかの子どもたち』を世に出している。


●経歴●

1918年 - 3人姉妹の長女として福井県南条郡武生町(現・越前市)に生まれ、翌年東京に移る。
1931年 - 東京府立第六高等女学校(現・東京都立三田高等学校)に入学。(同年、満州事変)
1933年 - デッサン・油絵の勉強を始める。
1936年 - 第六高女を卒業。朱葉会女子洋画展に入選。(同年、2.26事件)
1937年 - 藤原行成流の書を習い始める。
1939年 - 結婚し満州へ渡るが、翌年、夫の自殺により帰国。
1944年 - 満州勃利女子開拓団に同行し満州へ渡るが、戦況悪化のため帰国。
1945年 - 空襲で焼け出され母の実家(長野県松本市)に疎開。(同年、日本敗戦)
1946年 - 日本共産党に入党。人民新聞の記者となる。日本共産党宣伝部・芸術学校に入学。
1947年 - 前衛美術会創立に参加。日本美術会、日本童画会のメンバーになる。
1950年 - 司法試験浪人(後に弁護士)で日本共産党員の松本善明と結婚。(同年、朝鮮戦争勃発)
1951年 - 長男・猛が誕生するが、家庭の事情によりやむなく夏からしばらく信州の実家に預ける。
その間、母乳が途絶えぬようにと東京で乳を飲ませていた乳飲み子が俳優の三宅裕司であった。
1963年 - ソビエト連邦を訪問。
1964年 - 「童画ぐるーぷ車」を安泰、滝平二郎、箕田源二郎らと結成。
1966年 - ヨーロッパを旅行。長野県黒姫にアトリエ兼山荘を建てる。
1967年 - 夫が衆議院議員となる。
1973年 - 『戦火のなかの子どもたち』を描く。
1974年 - 肝臓ガンのため死去。 享年55。(同年、ベトナム戦争終結)

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif
楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!

いわさき ちひろC【絵本・情報館!】



いわさきちひろの参考図書●

ちひろの世界(松本猛、松本由理子・文、講談社、ISBN 406198005X、1991年3月)
いわさきちひろの絵と心 (いわさきちひろ 松本猛・著、講談社文庫)
いわさきちひろ伝 つば広の帽子をかぶって (飯沢匡 黒柳徹子・著、1989年、講談社)
いわさきちひろ-知られざる愛の生涯 (黒柳徹子 飯沢匡・著、講談社、ISBN 4062563401、1999年4月)
ちひろ美術館物語 (松本由理子、講談社、ISBN 4062070715、1994年8月)
「若きちひろへの旅」平山 知子  (著) 単行本 (2002/11) 新日本出版社
『ちひろの手鏡』松本 猛 (著) 新日本出版社



●外部リンク●

ちひろ美術館
東京館(1977年9月〜 練馬区下石神井)
安曇野館(1997年〜)
ブックリスト

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif
楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!

いわさき ちひろB【絵本・情報館!】



いわさき ちひろの美術館

いわさき ちひろの没後、家族や関係者はいわさき ちひろの美術館を開設した。
美術館開設前後の事情は息子猛の妻、由理子の著書『ちひろ美術館物語』に詳しい。
美術館にはいわさき ちひろの絵本や原画のほか、世界の絵本画家のすぐれた原画コレクションも収蔵され、赤ちゃん連れで訪れても楽しめくつろげる空間となっている。

運営は財団法人いわさきちひろ記念事業団。
いわさき ちひろの遺族から寄付された作品、著作権、美術館建築のための土地(自宅跡)などをもとに1976年6月に設立された法人である。
美術館建設後の今日では、内外の絵本の展覧会開催、調査研究、本の刊行、挿絵の提供(例として『窓ぎわのトットちゃん』)などを行っている。

両者の合意とはいえ、世界的な巨匠である赤羽末吉の原画を、明らかに数億以上の価値のある原画を6000点も寄贈として譲り受けたのは[やりすぎ]という声もある。


東京館

練馬区下石神井(自宅跡)
1977年 - いわさき ちひろの没後、「いわさきちひろ絵本美術館」として開館(初代館長: 飯沢匡)
1997年 - いわさきちひろ絵本美術館(東京)を「ちひろ美術館」に名称変更


安曇野館

松川村(いわさき ちひろの両親の出身地): 絵本の専門美術館
1997年 - 「安曇野ちひろ美術館」開館(館長: 松本猛)

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif
楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!

いわさき ちひろA【絵本・情報館!】



いわさき ちひろの主な作品

明るく淡い透明な水彩画で赤ちゃんや子どもたちの色々な表情を生き生きと描き続けた。
子供の発達段階を、数カ月の単位で、描き分けることができる観察力と表現力を有していた(2歳半と3歳の子どもを描き分けることができた)。


●挿絵●

おふろでちゃぷちゃぷ(松谷みよ子・文、童心社)
ひさの星(斎藤隆介・文、岩崎書店)
絵のない絵本(アンデルセン原作)
わたしがちいさかったときに(長田新編『原爆の子』より)
窓ぎわのトットちゃん(黒柳徹子・著、ISBN 4061832522、1984年1月)
サトウハチロー詩画集 あかちゃん(サトウハチロー・詩、講談社)
風になる(俵万智・短歌、河出書房新社)
わたしは赤ちゃん(松田道雄 岩波新書)
赤い蝋燭と人魚(小川未明・著、ISBN 4494021172、1975年6月、童心社)


●画集●

ちひろ美術館(全12巻・別巻、講談社)
いわさきちひろ作品集(全7巻、岩崎書店)


●文もいわさき ちひろによるもの●

ことりのくるひ(至光社)
あめのひのおるすばん(至光社)
あかちゃんのくるひ(至光社)
戦火のなかの子どもたち(岩崎書店、ISBN 4265909140、1973年1月)
ちひろのことば(講談社文庫)

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif
楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。