ディック・ブルーナ『うさこちゃん ひこうきにのる』【絵本・情報館!】



●ディック・ブルーナ『うさこちゃん ひこうきにのる』●

以下は、九州在住、2児の父親のブログ(絵本を読む)より・・
     父親の目線から見た絵本観が管理人のお気に入りです。

============================================================


 ご存知、「うさこちゃん」シリーズの1冊。「うさこちゃん」が「おじさん」の飛行機に乗せてもらうという物語。

 ブルーナさんの絵本は非常にシンプルに見えるがゆえに、逆に、絵本としてのつくりの特徴がよく表れている気がします。この絵本を読んで、3つのことに気がつきました。どれもよく知られていることかもしれませんが、ちょっと記しておきます。

 一つ目は、登場するキャラクターはどれも横顔を決して見せないこと。後ろ姿はあっても、横から見た構図は出てこないです。これは割とよく知られた特徴ですね。

 この絵本では、「うさこちゃん」と「おじさん」が飛行機に乗って飛んでいる様子が描写されていますが、飛行機は横から描かれているのに対し「うさこちゃん」も「おじさん」も進行方向を向いていません。常に読者の方に顔を向けています(表紙からしてそう)。

 奇異な感がないこともないのですが、子どもにとってはこの方が安心できるかもしれないと思いました。画面が統一的で安定するとも言えます。

 二つ目は、ページのめくりの方向と画面上の飛行機の向きの関係です。基本的に飛行機は次のページの方に向かって飛んでいるように描かれています。つまり、飛行機の向きとページの向きが同じなわけです。読者は、ごく自然に「うさこちゃん」や「おじさん」と同化できると言えます。

 ところが、1ページだけ、飛行機の向きが逆になっているところがあります。つまり、以前のページの方を向いて描かれているわけです。それは、「おじさん」が「うさこちゃん」に「そろそろ かえろうか」と言うページ。なるほど、飛行機の向きが逆になるわけです。

 絵本において、ページをめくるという具体的な動作と絵のなかのベクトルとが緊密な関係を結んでいることがよく分かります。

 三つ目は、飛行機のプロペラの描き方。ブルーナさんの絵本では、ほとんどのものの輪郭が割と太い黒で縁取られていると思います。

 ところが、飛行機のプロペラだけは、黒い輪郭線がありません。これは、おそらくはプロペラが終始まわっていることを表しているのだと思います。輪郭線をどう描くかというとても簡素な表現によって、たしかに空を飛ぶ飛行機の振動が伝わってくるように思います。

 こうやって三つ挙げてみると、どれも飛行機の描写に関係していますね。動くもの、しかも相当に速く動くものを描くことは、ブルーナさんの絵本において、かなり特異なのかもしれません。それだけに特徴がよく出るのかなと思いました(間違っているかもしれませんが……)。

============================================================


ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif
楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!

ディック・ブルーナ@【絵本・情報館!】



ディック・ブルーナの概要●

ディック・ブルーナ(Dick Bruna、1927年8月23日- )は、オランダのイラストレーター、絵本作家。
おなじみ、ミッフィーちゃんの生みの親。

同国ユトレヒト出身。

長く本の表紙のデザインの仕事を手がけていた。
ペーパーブックスの表紙など、特にミステリの表紙が多い。
のちウサギのナインチェ・プラウス(ミッフィー、日本では「うさこちゃん」とも)を主人公にした言葉のない絵本でヒット、子ども向けの絵本を主な仕事にするようになる。

ナインチェ(ミッフィー)の他に、読書週間のポスターに使った黒いクマのキャラクター・ブラックベアが彼のオリジナルとして有名。

障害者向けの案内記号、歯の健康、献血、赤十字などの公共広告のポスター、デザインを数多く手がけている。日本でも「ふみの日」切手のデザインを手がけた。

独自の『ブルーナカラー』と呼ばれる白、橙、青、黄、緑、茶色を使った作家として有名。

1971年、アムステルダムにブルーナの著作権を管理するメルシス社が設立。なお現在ナインチェ(ミッフィー) の絵本はメルシス社の子会社が出版している。

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif
楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。