佐野洋子【絵本・情報館!】



佐野 洋子の概要●

佐野 洋子(さの ようこ、1938年6月28日 - )は北京生まれの絵本作家。

武蔵野美術大学デザイン科卒。ベルリン造形大学でリトグラフを学ぶ。
帰国後、デザイン、イラストレーションの仕事を手がけながら、『やぎさんのひっこし』で絵本作家としてデビュー。

佐野 洋子の代表作である『100万回生きたねこ』は人生や愛について読者に深い感動を与える絵本として子供から大人まで親しまれた。
海外絵本の訳本もある。

エッセイストとしても知られ、『神も仏もありませぬ』で2004年度の小林秀雄賞を受賞。



佐野 洋子の主な作品●

絵本
『おじさんのかさ』
『わたしが妹だったとき』
『わたしのぼうし』
『100万回生きたねこ』
『空とぶライオン』
『あのひの音だよおばあちゃん』等、多数。
エッセイ集
『私の猫たち許してほしい』
『アカシア・からたち・麦畑』
『ふつうがえらい』
『神も仏もありませぬ』等。



佐野 洋子の受賞暦●
『おじさんのかさ』でサンケイ児童出版文化賞
『わたしが妹だったとき』で新美南吉文学賞
『わたしのぼうし』で講談社出版文化賞絵本賞
『ねえ とうさん』で日本絵本賞、小学館児童出版文化賞を受賞
『神も仏もありませぬ』(エッセイ集)で2004年度の小林秀雄賞を受賞。

ぜひ!皆さんの足跡を残して行ってください!  次項有 人気ブログランキングbanner_04.gif
楽天ブックス
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。